« 『我が船旅遥かなり』発行 | トップページ | 「Happy Xmas (War is Over)」 John Lennon -Ⅰ »

2010年12月21日 (火)

『未確認飛行物体観測日記』発行

 先日NASAが重大発表があるということで、「もしや、UFOの発表?」と騒然となったことは記憶に新しいことです。結局は猛毒ヒ素を食べて増殖する生命体が存在するということの発表でした。他の星にも生物が存在する可能性はあるが、宇宙の長い道のりを越えて地球に到着する技術は持てないだろうというのが、UFOの存在を否定する人の根拠です。猛毒を食べる生命体がいるということは、宇宙にはどんな存在がいたとしても不思議ではないということではないでしょうか?
 『未確認飛行物体観測日記』(宮本一聖 著)を発行いたしました。小社では異質な本かもしれません。Mikakunin 著者は、日本サイ科学会宇宙生命研究分科会の「第3回UFO・オーブシンポジウム」にて「UFO・オーブ賞」を受賞されています。
 この手の本には、信じがたい内容のものやいかがわしい内容のものも存在するのも事実ですが、この本は、近年目撃情報が多く伝えられている長崎県五島列島で、著者が3年間にわたって追い続けた具体的な97の事実のみです。
 UFOに連れ去られたといったような不思議な体験は一切掲載されていませんし、アダムスキー型の円盤が写っている訳でもありません。しかし、地道な観測に基づく嘘偽りのない事実だけが淡々と記録されています。逆に、ここには誠実な真実があるといえます。
 著者曰く、UFOというと他の星からの生命体が乗っている乗り物と考えられがちですが、UFO(Unidentified Flying Object)は、あくまでも未確認飛行物体です。もしかしたらどこかの国の最新秘密兵器か、異常気象で突然変異した新生命体なのかもしれません。
湘南社http://shonansya

|

« 『我が船旅遥かなり』発行 | トップページ | 「Happy Xmas (War is Over)」 John Lennon -Ⅰ »

湘南社」カテゴリの記事

コメント

「未確認飛行物体観測日記」がついに、ライブドアBOOKS様のVIEWランキング(1/3-1/9)で1位になった。 http://books.livedoor.com/ranking

発売僅か1カ月以内ですが、このように興味を持たれる方々が居られるのは、特別な分野のお話だからなのでしょうか?

投稿: ISSEI | 2011年1月11日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1018907/38160744

この記事へのトラックバック一覧です: 『未確認飛行物体観測日記』発行:

« 『我が船旅遥かなり』発行 | トップページ | 「Happy Xmas (War is Over)」 John Lennon -Ⅰ »